ライフスタイル

Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600mlレビュー!経年変化が楽しめるポット!の巻

スポンサーリンク

 

コーヒー機器メーカーのKalita(カリタ)から販売されている銅製のコーヒーポットがあります。

 

Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml

 

小振りなサイズで銅の輝きがなんとも美しいコーヒーポットです。

何年も使うことで銅の風合いが変わり、落ち着いた色味に経年変化していく、といった育てる楽しさもあります。

 

今回は、そんなKalitaの銅製コーヒーポットのレビューをしていきます。

 

ケンケン
使っていくうちにアジが出てきて愛着の湧くポットだよ
見た目も小さくて可愛いニャ
ノラじろう

 

Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600mlレビュー

スペック & 外観

Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml」のスペックと外観を見ていきます。

商品名 Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml
素材
満水容量 600ml
サイズ 17.0×9.0×15.0cm
重量 360g
生産国 日本
価格 11,550円(本体価格:10,500円)

 

素材

素材は銅です。

使い込んでいるため若干くすんでいますが、これはこれでアジがあって良い感じ♪

 

ポット内側には、メッキ加工が施されているので、水質や味が変わる心配もありません。

 

満水容量

満水容量は、600mlです。

余裕を持ってドリップしたいのであれば、コーヒー3杯分375ml(1杯125ml計算)ぐらいまでを入れるのに適した容量になっています。

4杯分500mlもギリギリ入れれますが、ポットのお湯をほぼ全て使い切ることになるので、最後の方はお湯が足りるかヒヤヒヤします。

 

サイズ

サイズはコーヒーポットとしては小型です。

iPhone13 miniと比較するとこんな感じ!スマホとほとんど同じ大きさです。

 

ちょうど成人男性の手の大きさぐらいのサイズ感です。

小型なことから収納もしやすく、持ち運ぶのにも適しています。

携帯性があることから「Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml」は、キャンプなどアウトドアでコーヒーを飲むときに使っている人も多いです。

 

重量

重量は、約360gとコーヒーポットの中でも軽量な部類に入ります。

 

持ち手

持ち手は、ゴールドっぽい色味になっており銅との相性もバッチリです。

 

ポットにお湯を入れると持ち手は熱くなって持てなくなります。

ドリップするときは、布巾などで持ち手をつかむ必要があります。

 

フタ

フタも同じく、お湯を入れると熱くて持てなくなるので、布巾などを使って開閉しなければいけません。

この辺りは、熱伝導率が良い銅製品のため仕方のないことですが、扱いとしては少々面倒です。

 

ノズル

ノズルは根本から先端まで細口のタイプです。

 

ドリップ

ノズルが細口なので、細いお湯も注ぎやすいです。

 

ポットの角度を上げてやると勢いよくお湯を注ぐこともできます。

細口にしては一気にたくさんの湯量が出ていると思います。

湯量の強弱の調整はやりやすい方だと思います。

ただし、一滴一滴お湯を落とす点滴ドリップをするには、このポットでは少々難しいです。

点滴ドリップもしたいのであれば、よりプロ仕様のコーヒーポットを探した方が良いかもしれません。

プロも愛用ユキワ コーヒードリップポット M5購入!実際使った感想は?の巻

こちらもCHECK

プロも愛用ユキワ コーヒードリップポット M5購入!実際使った感想は?の巻

コーヒー好きなら誰もが一度は憧れるユキワ(YUKIWA) コーヒードリップポット。   ユキワ(YUIKIWA) とは、1950年創業の新潟県燕市に拠点を置く三宝産業が扱うブランドで銀器、ス ...

続きを見る

 

 

実際にコーヒーをドリップしてみました。

お湯は狙った場所にしっかりと落ちてくれます。

ドリップ中もお湯がブレたり裏漏れすることなく安定してます。

ポット本体とノズルの距離も短いので、ドリップで円を描いた際も、小回りがきいて動かしやすいです。

 

Kalitaの銅ポットは経年変化が楽しめる!

Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml」最大の魅力は、やはり経年変化が楽しめるところにあります。

 

購入した当時の銅ポット。新品なので銅がピカピカです。

 

それから3年。銅は落ち着いた色味へと変わり貫禄が出てきました。

 

これをアジととるか、汚れととるか人それぞれですが、僕は結構気に入っています♪

使っていくうちに経年変化して自分だけのポットに育っていくと愛着が湧きます。

 

さらにここから、どう経年変化していくか楽しみです♪

 

おわりに

以上、「Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml」のレビューをしてきました。

 

小型で軽量なことから、収納場所も困らず、持ち運ぶのにも適したコーヒーポットです。

湯量の調整もしやすく、安定したドリップができます。

 

ただし、銅製品で熱伝導率が良いため、持ち手やフタは熱くなってしまうのが欠点です。

布巾などでつかんであげる必要があるので、その辺りは面倒です。

 

使い勝手を重視するのであれば、同じくKalitaから販売されている「Kalita(カリタ)コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7L」の方が扱いやすいです。

Kalita(カリタ)コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7Lレビュー!良いところと悪いところ!の巻

こちらもCHECK

Kalita(カリタ)コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7Lレビュー!良いところと悪いところ!の巻

  様々なメーカーから販売されているコーヒーポット。 中でも、Kalita(カリタ)のステンレス製コーヒーポットといえば家庭はもちろんのこと、カフェや喫茶店でも使われている人気のポットです。 ...

続きを見る

 

しかし、「Kalita(カリタ)コーヒーポット 銅 600ml」の最大の魅力は経年変化だと思うので、

 

「ジーンズやレザーの経年変化が好き!」

「使い込んで自分だけの唯一無二のポットに育てたい!」

 

という人にとって、銅製のコーヒーポットは最高の選択肢だと思います。

 

ケンケン
この小さな可愛いフォルムとくすんだ銅の風合いがなんともたまらないんだよね
好きな人は大ハマりするコーヒーポットニャ
ノラじろう

 

おしまい 

 

 

カリタのコーヒーポット、銅600mlとステンレス700mlを比較!の巻

こちらもCHECK

カリタのコーヒーポット、銅600mlとステンレス700mlを比較!の巻

昔から喫茶店でも使われている、もはや定番中の定番、カリタ(Kalita)のコーヒーポット。 僕もカリタのコーヒーポットがドリップしやすくて、もう何年も愛用しています。   カリタには色々なコ ...

続きを見る

 

0

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

今までに飲んだことのない美味しいコーヒーが飲みたい! 究極の味、「伝説のブルースコーヒー」を探しています。 趣味が高じてコーヒーインストラクター 2級の資格を取得! コーヒーの他に、ファッション、ガジェットなどメンズのライフスタイルを中心にお役立ち情報をお届けします。

-ライフスタイル
-

Copyright© ケンケンブルース , 2022 All Rights Reserved.