ライフスタイル

ルームシューズにビルケンシュトックのアリゾナ、ビルコフローがおすすめの5つの理由!の巻

スポンサーリンク

ルームシューズって色々ありすぎてどれを選べば良いか悩みますよね。

僕もルームシューズを何足か試してきましたが、なかなか「これだ!」と思える物に巡り会えませんでした。

 

しかし、この度ついに「これだ!」と思えるルームシューズを見つけて購入してしまいました。

 

それがこちら!

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)アリゾナ ビルコフローです!

 

ビルケンシュトックは、200年以上の歴史を持つ世界的に有名なドイツの靴ブランドです。

僕も、長年普段外履きにボストンを愛用しています。

こちらもCHECK

ミニマリストにおすすめのサンダル、ビルケンシュトック「ボストン」の経年変化と使用レビューだぞ!の巻

僕には近所をブラブラする時に、履いているお気に入りのサンダルがあります。 それがビルケンシュトックのボストンです。 ケンケンかれこれ5年愛用しているんサンダルなんだ 5年!?そんな長い間履いてるニャノ ...

続きを見る

 

今回購入したアリゾナはビルケンシュトックの数あるモデルの中で人気ナンバー1のモデルで、愛用されている人も多いんじゃないでしょうか。

 

本来アリゾナは外履き用のサンダルで、アウトドアに適したモデルです。

ですが、アリゾナは実はルームシューズにこそ向いているんじゃないかと思っています。

 

どうしてアリゾナがルームシューズに向いているのか?その理由を5つ挙げたいと思います。

ルームシューズを検討している人や、アリゾナに興味を持っている人の参考になれば幸いです♪

 

ケンケン
ビルケンシュトックは僕が好きなブランドなんだ
ビルケンシュトックをルームシューズに使うのは贅沢な気もするニャ
ノラじろう

 

ルームシューズにビルケンシュトックのアリゾナ、ビルコフローがおすすめの5つの理由

通気性が良くて蒸れない

ビルケンシュトック、アリゾナがルームシューズにおすすめの理由1つ目は、通気性が良くて蒸れない事です。

アリゾナのデザインの特徴はやはりこのダブルのストラップベルトです。

ダブルのストラップベルトによって、しっかりと足がホールドされ安定感がありつつも、露出部分も多く通気性が良くて蒸れにくいです。

通気性が良くて蒸れにくいと言うことは清潔な状態を維持しやすいです。

 

普通、販売されているルームシューズと言えば、足先全体が覆われたスリッパが大半だと思われます。

実際、僕もこれまで使ってきたルームシューズは足先が覆われたものばかりでした。

 

最近まで使っていたユニクロ(UNIQLO)のルームシューズも足先が覆われたタイプで通気性が良くなく、蒸れてしまい夏場は使っていて気持ちの良いものではありませんでした。

毛玉が付いて、だいぶ汚れています。

 

汚いニャ
ノラじろう

 

さらに、毎日長時間履いていると臭いも気になり、ひどい時は汗が染み込んでそこからカビが発生するなんてこともありました。

 

通気性が悪いとこういう事態が起こるのも仕方ありません。

その点、アリゾナはスリッパと言うよりはサンダルなので、通気性が良く菌の繁殖も比較的抑えられるんじゃないかと思います。

 

 

ちなみに、ビルケンシュトックには、ルームシューズ用にアムステルダムと言うモデルも販売されています。

ですが、アムステルダムも足先が覆われてしまったタイプで毛玉が付いたり、長時間履くと臭いが気になったりする人もいるみたいなので、僕的にはアリゾナの方がおすすめです。

 

水に強い素材ビルコフローが使われている

アリゾナのアッパー部分に本革が使われているタイプもありますが、特に人気なのがビルコフローという素材が使われているタイプです。

 

ビルコフローとは、ビルケンシュトックがオリジナルで開発した素材で、レザーのような見た目ですが実物はPVCプラスチック製の合成皮革です。

出典: https://www.birkenstock.com/jp/educational/material/

 

ビルコフローは水に強く、お手入れも簡単にできます。

 

なので、キッチンや洗面所など水回りの場所でも気兼ねなく履くことができます。

 

また、アッパーの裏側は圧縮フェルトが貼り付けてあるので、足が擦れて痛くなるなんて心配もありません。

 

 

水回りに強く、裏側は圧縮フェルトで肌触りも快適です。

 

履き心地が良い

ビルケンシュトックをお持ちの方なら納得だと思いますが、履き心地が良いです。

ビルケンシュトックがこだわって作り上げたコルクでできたフッドヘッド。柔らかくて、履き込むほどに自分の足に馴染んでくれます。

医学に基づいて設計されている為、履き心地が良いだけでなく、足の健康を促進する機能も兼ね備えているみたいです。

 

写真右、僕が5年以上履き続けているボストン。

フッドヘッドが僕の足の形に沈み込んでおり履き心地は最高です。

 

ケンケン
アリゾナも履き込んで自分の足の形に馴染んでくれたら良いな!

 

お手入れが簡単

アリゾナのビルコフローは水に強いのでレザーと違って汚れても水でガシガシ洗うことができます。

フッドヘッドも履き続けていると汚れてきますが、水と洗濯用石鹸で綺麗にすることができるので、お手入れもそこまで難しくありません。

 

ビルケンシュトックのお手入れについては別の記事で詳しく説明しているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

こちらもCHECK

ビルケンシュトック、ボストンの洗い方とお手入れ方法だぞ!汚れは落ちる!の巻

僕が愛用しているビルケンシュトックのサンダル、ボストン。 近所のコンビニやスーパーで買い物する時にサッと履いて出かけられるので、こればかり履いています。 こちらもCHECK リンク 履く頻度が多いので ...

続きを見る

 

また、ビルケンシュトックはアフターサービスもしっかりしているので、どこかが故障してしまっても修理してくれます。

なので、お手入れをして壊れても修理をして大事に履いていけば、一生物のサンダルとして使う事もできます。

 

履き潰して何度も買い換えるより経済的にも環境的にも優しいニャ
ノラじろう

 

見た目がおしゃれ♪

アリゾナは、今も世界中からファンの多いモデルです。

ダブルストラップのシンプルなデザインでありながら、ビルコフローのレザー風によって大人っぽさと上品さが加わり絶妙なバランスに仕上がっています。

履いていても、決して安っぽくなく、むしろルームシューズには贅沢なくらいです。

 

ケンケン
ルームシューズにビルケンシュトックのアリゾナを使っている人をあまり聞かないから、みんなと被りにくいのも良いよね!

 

おわりに

以上、ルームシューズにビルケンシュトックのアリゾナ、ビルコフローがおすすめの5つの理由でした。

アリゾナは本来ルームシューズではないけれど、意外と部屋履きに向いている気がします。

実際、ルームシューズをアリゾナに変えて不便に感じたことはなく、5つの理由からむしろ今までで一番扱いやすいです。

 

唯一、欠点を挙げるとするならば、正規品で約10,000円、並行輸入品でも6、7,000円と少々ルームシューズにしてはお高いです。

 

ただ、アフターサポートも充実しているので、一度買ってしまえば長く履き続けることができると思います。

なので長期的に見ると意外と安い買い物なんじゃないかなと自分に言い聞かせてみたり。

 

 

とりあえずお気に入りのルームシューズが見つかったのでこれから大事に履いていきたいと思います♪

 

ケンケン
たかがルームシューズ、されどルームシューズ
ルームシューズもこだわりたいニャ
ノラじろう

 

おしまい 

 

こちらの記事もチェック!

ビルケンシュトック サンダルの種類10選!おすすめのモデルは?の巻

 

0

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

多くを持たず!持ち物は把握できる範囲で!使うのはお気に入りの物を!をモットーにゆる〜く生活している自称意識低い系ミニマリスト。 愛用品や暮らしのお役立ち情報をブログで紹介。 コーヒーと猫とスプラトゥーンが好き。

-ライフスタイル
-

Copyright© KENKEN BLUES ケンケンブルース , 2021 All Rights Reserved.