ファッション

ビルケンシュトックのコルクケア・補修を自分でする方法!の巻 【Kelly’s Cork Renew】

スポンサーリンク

 

僕が長年愛用しているビルケンシュトックのサンダル、ボストン!

ミニマリストにおすすめのサンダル、ビルケンシュトック「ボストン」の経年変化と使用レビューだぞ!の巻

こちらもCHECK

ミニマリストにおすすめのサンダル、ビルケンシュトック「ボストン」の経年変化と使用レビューだぞ!の巻

僕には近所をブラブラする時に、履いているお気に入りのサンダルがあります。 それがビルケンシュトックのボストンです。 ケンケンかれこれ5年愛用しているんサンダルなんだ 5年!?そんな長い間履いてるニャノ ...

続きを見る

 

クロックス風で、前が覆われていることから風も防いでくれて、年中履くことができます。

そのため、使用頻度も多く、酷使したせいかサンダルのフッドヘッドのコルクがボロボロと取れてきました。

 

これは、いかんと思い、ビルケンシュトックの店舗に持ち込んでコルクの補修をしてもらうことにしました。

ビルケンシュトックは、アフターサポートも充実しているので、ありとあらゆる修理に対応しています。

コルク補修など朝飯前です。

出典:  https://ec.benexy.com/brand/shops/detail?id=grandfront-osaka

 

と思いきや、店員さんに状態を見てもらったところ僕のフッドヘッドは、コルクが劣化しすぎているみたいで、補修ではなくソールとフッドヘッドの交換になると言われました。

修理費用は10,000円ぐらいかかるとのこと。

さすがに、修理で10,000円となると、新品がもう一足買える価格になってきます。

 

コルクに劣化はあるものの、まだまだソールを交換しなくても履ける状態だったので、修理は断ることにしました。

 

ケンケン
サスティナブルが重要視される時代だから、補修ぐらいしてくれたらいいのにね
ビルケンシュトックは履き心地に重きをおいているブランドだから、修理で完璧な状態にする必要があるニャ
ノラじろう

 

仕方がないので、フッドヘッドのコルクは自分で修理することにしました。

修理で使うアイテムはこちら!「Kelly’s Cork Renew」です!

 

「Kelly’s Cork Renew」はコルク用のケアコーティング剤です。

この「Kelly’s Cork Renew」を使ってビルケンシュトックのコルクケア・補修する方法を紹介したいと思います。

 

ケンケン
「Kelly’s Cork Renew」を使ってコルク補修することができたよ!
さっそく補修方法を教えてもらうニャ
ノラじろう

 

コルクケアコーティング剤「Kelly’s Cork Renew」について

まず修理に使う、コルクケアコーティング剤「Kelly’s Cork Renew」について説明します。

「Kelly’s Cork Renew」は、コルクソールをコーティングしてくれる補修剤で、ボンドのようなものです。

このボンドのような液体がコルクをしっかりと固めてくれます。

 

ビルケンシュトックのフッドヘッドのコルクも新品時は、同じようにコーティングがされています。

[ビルケンシュトック 新品のフッドヘッド]

しかし、履いていくにつれて、コーティングが剥がれて、カサカサのコルクになっていきます。

その状態で履き続けると、僕のサンダルみたいにボロボロとコルクが取れていきます。

 

そのような状態を防ぐために、コルクを再びコーティングして固めてくれるのが、この「Kelly’s Cork Renew」なんです。

 

以前は、ビルケンシュトックからもコルクケアコーティング剤「Kork-pflege」が販売されていました。

出典: Amazon

 

しかし、いつの間にか販売は終了し、手に入れることが不可能になってしまいました。

 

ケンケン
ビルケンシュトックを履く上で、コルクケアは必須なんだから販売してくれたらいいのにね
ビルケンシュトックで修理してお金を落としてもらうようにしているんじゃないかと勘ぐってしまうニャ
ノラじろう

 

「Kork-pflege」なき今、ビルケンシュトックのコルクケアができる救世主が「Kelly’s Cork Renew」です。

 

「Kelly’s Cork Renew」は、日本で正規販売されていないので、あまり馴染みはありませんが、世界ではコルクケアの定番品として有名な商品です。

現状、ビルケンシュトックのコルクケアコーティング剤は「Kelly’s Cork Renew」一択と言っていいんじゃないでしょうか。

 

中には、木工ボンドをビルケンシュトックのコルクケアの代替えに利用されている人もいますが、専用のものではないので雨などの水に強いかなど性能に不安な点があります。

「Kelly’s Cork Renew」はコルクソール専用に作られているコーティング剤なのでその辺の心配はする必要がありません。

 

「Kelly’s Cork Renew」を使ってビルケンシュトックのコルクケア・補修!

では、「Kelly’s Cork Renew」を使ってビルケンシュトックのコルクケア・補修をしていきたいと思います。

「Kelly’s Cork Renew」をコルクに満遍なく塗っていきます。

フタに筆になっているので、そちらを利用します。

結構水っぽいのでこぼれないように注意!

コルクのヒビ割れしているところには、液体を流し込むように塗り込んでいきます。

 

コルクが減っている時は、100均などでコルクボードを買ってきて砕いて「Kelly’s Cork Renew」と一緒に混ぜ込んであげればボリュームもできて耐久力が上がります。

ただ、形を整えるのが素人には難しいので、今回は「Kelly’s Cork Renew」のみで仕上げています。

 

コルク全体に濡れました。

もう片方も塗り終えたらしばらく放置して乾かします。

 

15〜20分もすれば補修剤が乾いて透明になってきます。

 

そのタイミングでもう一度、先程と同じように塗っていきます。

二度塗りすることで、その分コーティングも厚くなり、耐久力が上がります。

 

両足塗り終えたら、あとは風通しの良い日陰で1日乾かしてください。

 

翌日、補修剤が乾いて、柔らかくなっていたコルクがカッチリと固まっていました。

固まっていると言っても、弾力はしっかりあります。

 

コーティングされたことで、コルク表面にツヤがあります。

 

コーティングの剥がれたコルクと比較するとこんな感じ!

[左 コーティングの剥がれたコルク 右 コーティングしたコルク]

コーティングしたコルクの方がニスを塗ったみたいにテカテカしていますね。

 

触ると今にも取れそうだったコルクも補修剤のおかげでしっかり固定されてくっ付いてくれています。

ヒビ割れしていた箇所を指で押してもビクともしません。

 

履いて体重をかけたり歩いてみましたが、特に問題はなくコルクが取れる心配もなさそうです。

 

といった具合で、無事「Kelly’s Cork Renew」を使ってビルケンシュトックのコルクケア・補修が完了しました!

 

おわりに

以上、「Kelly’s Cork Renew」を使ってビルケンシュトックのコルクケア・補修をする方法を紹介してきました。

 

特に難しい作業もなく「Kelly’s Cork Renew」をコルクに塗るだけなので、誰でも簡単にできると思います。

 

ボロボロだったコルクも補修剤でしっかりと固定され、取れたりヒビができる心配も今のところなさそうです。

 

しかし、コーティングもいずれ剥がれてくるので、定期的に補修剤を塗布する必要はあります。

レザーと一緒で定期的なメンテナンスは必要ですね。

 

なんにせよ、これで僕のボストンは、修理に出す必要がなくなって延命できて一安心。

 

ケンケン
日頃のメンテナンスが大切だと痛感したよ
これからも大事に履くニャ
ノラじろう

 

おしまい 

0

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

今までに飲んだことのない美味しいコーヒーが飲みたい! 究極の味、「伝説のブルースコーヒー」を探しています。 趣味が高じてコーヒーインストラクター 2級の資格を取得! コーヒーの他に、ファッション、ガジェットなどメンズのライフスタイルを中心にお役立ち情報をお届けします。

-ファッション

Copyright© ケンケンブルース , 2021 All Rights Reserved.