IT・ガジェット

iPhoneを3年間ケースなしで使うと傷とヒビ割れだらけ!応急処置するぞ!の巻

スポンサーリンク

iPhone8をケースなしで使い続けて3年が経ちました。

以前、2年目の時にも記事にしましたが、ケースなしでiPhoneを使い続けると、どこかのタイミングでどうしても落としたりぶつけてしまい傷やヒビ割れができてしまいます。

こちらもCHECK

iPhoneを2年間ケースなしで使うと割れや傷はできるの?の巻

僕はiPhone8を2年間使っています。 今日はそんな僕のiPhone8を紹介したいと思います。   「いや、今更iPhone8の紹介されても!」 とツッコミが入ってきそうですが、僕はiPh ...

続きを見る

しかし、今思うとこの時の傷やヒビ割れはまだ可愛らしかったように思います。

 

そこから1年、僕のiPhone8はさらにひどい状態になってしまいました。

 

 

いかがでしょうか?バキバキのズタボロです。

今回は、このズタボロiPhoneの外観を確認しつつ、これでも現役で使っているメイン機なので、もう少し延命させるために応急手当てをしていきたいと思います。

 

ケンケン
もうかなり限界がきている状態なんだ
この状態で使えているのが不思議だニャ
ノラじろう

 

ズタボロiPhoneの外観チェック

では、3年ケースなしで使い続けたiPhoneの外観を見ていきましょう!まずは背面!

背面ガラスはヒビ割れだらけです。

 

大きな亀裂と小さな亀裂が蜘蛛の糸の模様のように入っています。

 

所々ヒビ割れでガラスの破片がボロボロと取れるのでセロハンテープで補強しています。

 

 

ヒビ割れによって凹凸ができていて、押すとメキメキと嫌な音がします。

 

サイドのアルミ部分も小傷や打痕があります。

 

補強で止めていたセロハンテープを剥がしてみました。

ボロボロとガラスの破片が取れていきます。

 

もうここまでズタボロになると「アベンジャーズ/エンドゲーム」のアイアンマンです。

 

 

本来iPhone8には防水機能がついていますが、僕のiPhoneは水に濡れると一瞬でアウトでしょう。

 

続いて、表面です。

 

背面と同じく表面も同じぐらい激しくヒビ割れています。

 

左下に大きな致命傷となるヒビ割れがあります。

このヒビ割れを中心に亀裂が全体に細かく広がっています。

 

亀裂のせいで液晶の視認性もすこぶる悪いです。

また液晶の操作も亀裂部分が指に引っかかって操作性が悪いです。

たまにガラス破片が刺さったりと怪我をする恐れもあり危ないです。

 

iPhoneヒビ割れまでの経緯と気を付ける事

3年前、購入した時のiPhone8。

この頃は綺麗でピカピカでした。

iPhoneをケースなしで使い始めて1年ぐらいは角に傷がある程度でヒビ割れはありませんでした。

 

しかし、そこから半年ぐらいで落下などによる蓄積ダメージで、角の傷から亀裂が入りだしヒビ割れをおこすように。

そこからは、ちょっとした衝撃でもあれよあれよとヒビ割れをおこすようになりました。

 

手鏡を使っていて、軽くヒビ割れしたとします。

軽いヒビ割れだからと使い続けていても、そこからボロボロと鏡の破片が取れていきますよね?

それと一緒で、iPhoneも一度ヒビ割れをおこすとそこから先は非常にもろくなります。

 

なので、今現在ヒビ割れはしていないけれど傷や軽いヒビ割れをおこしている人は注意が必要です。

今までなら大丈夫だった衝撃でも、そこから亀裂やヒビ割れに発展する可能性があります。

 

ケンケン
僕みたいに手遅れにならないよう、ケースカバーをするなど気を付けよう!

 

ヒビ割れたiPhoneの応急処置

視認性や操作性、見た目的にも問題が出てきている僕のiPhoneですが、新型が発売されるまでもう少し使い続けようと思っています。

しかしここまでボロボロになってくると、次落とした時に割れるだけではなく、電源が付かないなど完全に壊れてしまう可能性も出てきました。

なのでヒビ割れた僕のiPhoneをもう少しだけ延命させるために、応急処置をしていきたいと思います。

 

用意するのは、「セロハンテープ」と「液晶保護強化ガラス」と「ケースカバー」です。

 

まず、セロハンテープでガラスのヒビ割れを補強します。

 

ガラスの破片が取れそうなところを全てテープで止めました。

 

次に、液晶保護強化ガラスを貼ります。

液晶を保護ガラスで守りつつ、亀裂による操作性の悪さを改善させ、ガラスの破片で怪我をしないようにします。

 

液晶に亀裂がある為、保護ガラスとの間に空気が入ってしまいます。これはもう仕方ありません。

 

最後にケースカバーを取り付けます。

ケースカバーで落下などからの衝撃を守ります。

 

ケースを付けると背面ガラスのヒビ割れも隠せます。

 

表面のヒビ割れは隠せませんが、保護ガラスのおかげで指でのスライドもしやすく操作性も改善されました。

 

ということで、なんとか応急処置も無事完了!

 

おわりに

以上、3年間ケースなしで使い続けたiPhoneの外観チェックと応急処置でした。

 

一度傷やヒビ割れが入ると、そこからはちょっとした衝撃でも簡単にヒビ割れをおこすようになります。

 

とりあえず応急処置で今の所、不都合なく使えていますが、新しいiPhoneが発売されるまであと半年ほどあります。

それまで、このiPhoneにはなんとか頑張ってもらわないといけません。

 

ケンケン
なんとかもう少しだけもちこたえてくれよー!
iPhoneもここまでこき使われて大変ニャ
ノラじろう

 

つづく 

 

その数ヶ月後、ついに画面に白い縦線が出てきて、タッチパネルも反応しなくなりました。

こちらもCHECK

iPhoneの画面に白い縦線が!?タッチパネルが反応しない!対処法は?の巻

3年使い、傷だらけになった僕のズタボロiPhone。 こちらもCHECK 地面に落下したり、ぶつけたりして傷やヒビだらけになってしまいました。   特に液晶画面は無数の亀裂が入り、視認性も悪 ...

続きを見る

0

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

今までに飲んだことのない美味しいコーヒーが飲みたい! 究極の味、「伝説のブルースコーヒー」を探しています。 趣味が高じてコーヒーインストラクター 2級の資格を取得! コーヒーの他に、ファッション、ガジェットなどメンズのライフスタイルを中心にお役立ち情報をお届けします。

-IT・ガジェット
-

Copyright© ケンケンブルース , 2021 All Rights Reserved.