ライフスタイル

ブリタ カートリッジ 中国製だけど品質や安全性は大丈夫?の巻

スポンサーリンク

ドイツの浄水器メーカーブリタ(BRITA)は家の水道水を簡単に浄水してくれることから世界中で使用されています。

ブリタ専用の浄水フィルターカートリッジ「MAXTRA+(マクストラプラス)」が家の水道水を濾過してくれて綺麗で美味しい水に変えてくれます。

出典: ブリタ

 

この水道水を濾過してくれる浄水フィルターカートリッジですが、中国製です。

そう、中国製です。

 

中国と言えば、粗悪なものや安全性の欠けた物づくりをしているイメージがどうしてもつきまとうのが正直なところです。

 

そして、浄水フィルターカートリッジで濾過した水を体内に入れるのであれば、

「中国製だと品質や安全性は大丈夫なの?」

と余計不安に思われる人もいるのではないでしょうか。

 

事実、Amazonレビューを見ていても中国製で不安などの口コミが多数見られました。

 

最初に結論を言ってしまうと、ブリタの浄水フィルターカートリッジ「MAXTRA+(マクストラプラス)」は中国製でも、品質・安全性ともに問題ありません!

なので、安心してブリタのカートリッジを使ってもらって大丈夫です。

今回は、その根拠について詳しく解説していきます。

 

ケンケン
たしかに中国製と言われるとなんだか不安になるよね
品質や安全性をしっかり確認した上で利用したいニャ
ノラじろう

 

ブリタ カートリッジの口コミや評判 [中国製は大丈夫?]

ブリタはドイツのメーカーと言うこともあり、カートリッジも元々はドイツ製でした。

しかし、近年ドイツ製から中国製に変わったことで不安に思う人も増えてきたんじゃないかなと思います。

 

Amazonレビューを見ていると、ブリタの浄水フィルターカートリッジ「MAXTRA+(マクストラプラス)」が中国製であることに不安やネガティブな意見の書き込みが見られます。

5つ星のうち1.0 フィルターは中国製になりました
2020年9月26日に日本でレビュー済み
サイズ: 4)4個入パターン(種類): 1)ベーシック モデルAmazonで購入
フィルターがドイツ製から中国製に変わったとレビューで知り驚愕しています。濾過性能や水の味うんぬんの前に、「中国製」というだけで全てにおいて信用できません。ちょうどブリタの本体自体を買い換えようと思っていた矢先でした。色々なレビューを参考にさせていただきこの件を知ることができ感謝しかありません。家族の食の安全のため、食の基本となる水を中国製品に委ねるわけにはいきません。星1つも付けたくありません。ブリタは購入候補から除外しました。

引用: Amazon

ドイツと言えば、質実剛健なものづくりで、車メーカーの「メルセデス・ベンツ」をはじめ品質の良い製品を提供してくれるイメージがあるので、ドイツ製だったブリタのカートリッジが中国製に変わると品質や安全性に不安を覚える気持ちも分からなくはないです。

 

しかし、ドイツ製は品質が良くて中国製は品質が悪いと言うのは、あくまで勝手なイメージであり、中国製だろうと品質の良い製品はたくさんあります。

そして、中国製のブリタの浄水フィルターカートリッジ「MAXTRA+(マクストラプラス)」も同じく、品質・安全性ともに信頼できる製品になっています。

 

ブリタ カートリッジの品質や安全性が大丈夫な理由

出典: ブリタ

カートリッジの品質や安全性が大丈夫な理由は、中国の工場で製造されているとは言え、ブリタが生産・品質の管理をしっかりチェックしているからです。

 

ブリタの公式ホームページに品質管理についての記載があります。

日本で正規品として販売しているポット型浄水器用交換カートリッジは、ブリタの中国工場にて製造されています。ブリタの品質管理は、どの生産拠点でも同一に行われています。

また、これら複数の生産施設で利用されている原材料は、全て同じものを使用しています。

引用: ブリタ

ブリタの品質管理は、どの生産拠点であっても同一に行われているとのことです。

なので、国によって品質基準が変わったり中国の工場に委託して全てを丸投げにしている訳ではなく、ブリタの規定に沿って生産・製造されていると言うことになります。

 

ブリタの工場は上海から100キロほど離れた蘇州にあります。

工場はドイツの従業員が現地で何週間もかけてブリタの基準に従った移転を実施して完成させています。

2017年から稼働しているこの中国の工場ですが、今では欧州拠点の生産ラインよりも大規模になっているほどです。

 

このように、中国製であってもブリタがしっかりと管理して製造しているのであれば、製品の品質や安全性を信頼しても良いんじゃないでしょうか。

もちろん、ブリタの会社自体の品質管理が悪ければ元も子もありませんが、こればっかりはブリタを信じるしかありません。

 

ブリタは1966年にドイツで誕生して以来、70ヶ国以上で愛用されている世界を代表する浄水器メーカーです。

そのような世界的企業が、品質管理を怠ることもしないでしょうし、ましてや体に入れるもので信用にかかわる製品でもあるわけで、粗悪なものを作るとは考えられません。

何より僕がブリタを使っていて品質が悪いなと感じたことは一度もありません。

 

僕はブリタ歴1年のため、ドイツ製を使ったことがないのでなんとも言えませんが、中国製カートリッジで濾過した水は十分綺麗で美味しいです。

こちらもCHECK

ブリタの浄水器、アルーナXL購入!使い方と使用レビュー!の巻

僕は家でよくコーヒーを淹れます。 そこで、大事になってくるのがお水です。 ミネラルウォーターでコーヒーを入れるとコーヒーも美味しくなります。   しかし、市販のミネラルウォーターで毎日コーヒ ...

続きを見る

中国製だからとイメージだけで拒絶するのはなんとももったいない気がします。

 

おわりに

以上、中国製のブリタ カートリッジの品質や安全性について解説してきました。

カートリッジは、中国の工場で製造されていますが、ブリタの基準に沿って製造・管理されているので品質や安全性に全く問題ないことがお分かりいただけたでしょうか。

 

ブリタがしっかり品質管理をしているのであれば、そこにドイツ製や中国製といった製造国は関係ないと思います。

なのでブリタの浄水フィルターカートリッジ「MAXTRA+(マクストラプラス)」を安心して利用して頂ければと思います。

 

ケンケン
今や世界的企業の多くが中国の工場で高品質な製品を製造をしているわけだけど、ブリタの場合、口に入れるものだからこそ気にする人が多かったのかもしれないね
でも、きちんと品質管理されていることが分かったからこれで安心ニャ
ノラじろう

 

おしまい 

0

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

今までに飲んだことのない美味しいコーヒーが飲みたい! 究極の味、「伝説のブルースコーヒー」を探しています。 趣味が高じてコーヒーインストラクター 2級の資格を取得! コーヒーの他に、ファッション、ガジェットなどメンズのライフスタイルを中心にお役立ち情報をお届けします。

-ライフスタイル

Copyright© ケンケンブルース , 2021 All Rights Reserved.